返済方法の把握

キャッシングをすれば、必ず返済が待っています。たいていの場合は、何回かに分けて返済を行っていくのですが、その際に大切なことがあります。それは、返済方法をしっかり確認しておくことです。返済方法を確認すると言うと、どこか難しいイメージばかり先行してしまいがちですが、実際はそこまで難しいものではないのです。では、返済方法についてお話しましょう。
キャッシングの返済方法は、一般的にはリボ払いと言われていますが、このリボ払いも、大きく分けて3つあります。1つ目は、定額リボルビング方式です。これは、毎月、ある一定の金額を支払っていく方法です。5000円なら一回当たりの返済が5000円で、これを完済まで繰り返していきます。2つ目が、定率リボルビング方式です。これは、一定の割合の元金と利息を毎月支払っていく方法です。例えば、1回あたりの支払いを元金の10パーセントと決めたら、その金額に該当する金額を支払っていくのです。定率リボルビング方式では、パーセンテージが10パーセントぐらいに設定されていることが多く見受けられます。というのは、これぐらいの数値に設定しなければ、利息の支払いだけで終わってしまう可能性が出てくるからです。そして3つ目が、残高スライド定額リボルビング方式という方法です。これは、それぞれの支払い日の段階で、残高がいくら残っているかによって、支払うべき金額が変化する支払い方法です。10万円以内なら1回あたり5000円の支払い、20万円以内なら1回あたり10000円の支払いという風に、会社ごとに決められています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイプ別のキャッシングの選び方